アトピー性皮膚炎、不妊症などのご相談なら大阪府豊中市の春風漢方薬局にご相談ください。

漢方で「妊娠する力」を取り戻しましょう

  • HOME »
  • 漢方で「妊娠する力」を取り戻しましょう
不妊症の方の話をお聞きすると、もちろん子供ができないことがつらいのですが、他にもつらいことがたくさんあるようです。
姑さんに「子はまだか?」と聞かれたり、友人から赤ちゃんができた報告の年賀状がきたり、幸せそうな妊婦さんを見て腹立たしい気持ちになる自分が嫌になる、というお話もお聞きしました。

 

現代の不妊治療は、技術的には一昔前は考えられなかったような進歩を遂げていますが、妊娠する力が低下している体に、受精卵だけを与えても、着床しなかったり、うまく育たず、流産してしまうことも多いです。
「不妊」の状態にある体が、無事妊娠・出産するためには、まずは基本的な体づくりをしなければいけません。

 

そこで、漢方です。漢方では、冷えや血の不足、血の巡りが悪い、など妊娠しにくくしている原因を探り、その原因を取り除き、その方の体質の弱い部分を強化することによって、女性ホルモンのバランスを整え、卵子の質を良くし、子宮内膜を厚くするなど、妊娠しやすい体づくりをします。西洋医学的な診断方法で、原因不明の不妊の場合は、西洋医学による治療よりも、漢方薬による治療の方が適しています。

 

それ以外の子宮や卵巣に器質的な問題がある場合でも、西洋医学を補佐する形で、漢方薬を用いることができます。
ホルモン療法や体外受精を受ける前に、漢方で体づくりをしておけば、成功率を高めることにつながります。実際に、体外受精を何度試みてもうまくいかなかったのに、漢方薬を併用して数ヵ月後に妊娠、というケースはとても多いです。
体が整ってから妊娠すると、妊娠経過も順調で産後の体調も良く、その母体から生まれた赤ちゃんも元気という大きなメリットがあります。もし妊娠に至らなかった場合でも、女性の体のリズムを整えるので、その後の婦人病予防や更年期を快適に乗り切ることができます。

 

食事、運動、睡眠などの生活習慣にも気を付けてください。食事は、魚、野菜たっぷりの和食中心にして、冷たい物、脂っこい物、甘い物は控えてください。運動は、1日20分程度のウォーキングで、血液の循環を良くし、子宮の機能を上昇させることができます。睡眠は、なるべく夜11時前にはお布団に入るようにしてください。。

 

漢方薬と生活習慣の改善によって、女性に元々備わっている「妊娠する力」「産む力」を高めることができます。どうか、あきらめないで、いつでもご相談ください。

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6151-2491 受付時間 9:00~19:30(土曜日は9:00~18:00)
ご予約の方が優先となります。
定休日: 日・祝日

漢方とは?
体質チェック
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 春風漢方薬局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.